特集|大人も読みたくなる絵本 vol.5 クリスマスの絵本

dsc_0029

絵本特集もかなり久しぶりの更新です。
来年はもっと更新頻度をあげられますように・・・。

 
最近、下の子が4歳になりました。
上の子は5歳なのですが、
たまに(ええ、私のかみなりが落ちたときです。)
もう2人だけで寝てね、ってことになるのですが、
やってみると2人だけでもう寝られるんですね。
(その時の読み聞かせは長女がやっているそうです。)
すごーく楽なのはもちろんなのですが
同時に感じる一抹のさびしさ。
 
ああ、私はあの時間が好きなんだなぁ。
寝る前の間接照明をひとつだけつけた程よい明るさの中で
幼子と一緒にものがたりの世界に入る、あの時間が。
 
いやでもこれからどんどん自立していってしまう子供たちとの
おやすみ前の読み聞かせ。
自分にとってもかけがえのない時間であるこの時を大切にしなくっちゃ。
 
さて、あともう少し寝たらクリスマス。
クリスマスの本は私も子供たちも大好き。
(クリスマスムードがたまりませんよね。クリスマスソングも大好きです!)
 
読む本は娘たちに1冊ずつ選んでもらうのが基本なので、
季節は特に意識していないけれど、
11月くらいからクリスマス本の頻度が結構高まります。
 
このシーズンにたくさん読んだ3冊をご紹介します!
 

エリーちゃんのクリスマス メアリー・チャルマーズさく

 
dsc_0030
 
dsc_0033
これはとても短くてわかりやすいので、
乳児さんでもわかるかもしれません。
dsc_0035
モミの木をとってきて
みんなでクリスマスツリーの飾りつけ。
 
dsc_0036
飾りつけがおわったけれど、てっぺんに飾るおほしさまがありません。
(うちのツリーにもありません。。)
エリーちゃんがとことこおほしさまを探しにいきます。
 

あったひとにおほしさまがないか聞くエリーちゃん。
でもなかなかみつかりません。
そうこうしているうちに道に迷ってしまうエリーちゃん。
サンタさんにあってほしを手にいれます。
 
dsc_0038
サンタさんからもらったほしは
飾りつけしたクリスマスツリーにぴったり。
めでたしめでたし。
 
dsc_0037
この絵本にでてくるサンタさんの雰囲気がいいかんじ。
(サンタさんって恰幅いいイメージですがこのサンタさんはスリムです。)
 
dsc_0032
みんなで温かいココアを飲むシーンもほのぼのします。
とくにひねりもないけれど、
素直にかわいらしい本だと思います。
 
dsc_0031
個人的に裏表紙の絵も気になるのですが
こちらにもかわいらしい絵がかいてあります。
 

ちいさなもみのき マーガレット・ワイズ・ブラウン さく バーバラ・クーニー え

 
dsc_0039
 
dsc_0041
 
dsc_0042
もりのはずれにちいさなもみのきがありました。
もみのきはちいさなうまれつき足のわるいお子さんをもつおとうさんによって
おとこのこのためにお家に連れていかれます。
 
dsc_0043
 
dsc_0044
おとこのこはうまれつき足が悪かったので、
森にあるいていけなかったのです。
あたたかいおとこのこの部屋で
もみのきはクリスマスツリーになって、
おとこのこを励まし続けます。
 
そして冬が終わるとまた野原へ。
そんなふうに何年か繰り返され、
冬になるとまたそろそろ・・・ともみの木はおもいますが
ちっともおとうさんはやってきません。
 
dsc_0045
いてつく寒さの中で感じるもみの木のさびしさ。
クリスマスが来ない寂しさが
野原でぽつんとたっているもみの木から感じられます。
 
dsc_0046
 
dsc_0047
そこにこどもたちの歌声が聴こえてきます。
そう、あのおとこのこも一緒です。
しんしんと積るゆきの中、立派に育ったもみの木に
素敵な飾りつけをした様子が目にも浮かんでくるよう。
 
バーバラ・クーニーの絵は大人っぽい。
色も落ち着いていて素敵。
 
「ちいさいおうち」でもそうでしたが、
絵本に描かれる季節の描写が好きです。
シンプルな表現なんだけど、美しいイメージが浮かんできますね。
対比表現も自然で、読みやすいです。
 
dsc_0040
裏表紙のもみの木もシック!!
 

クリスマスの森 ルイーズ・ファティオ 文 ロジャー・デュボアザン 絵

 
dsc_0048
この本がこどもたちに一番人気。
 
dsc_0050
dsc_0051
クリスマスにおしごとにでたサンタさん。
まだ最初のお家にもプレゼントが届かないうちに
眠くなり・・・。(サンタさんもう少し頑張って!!)
 
dsc_0052

dsc_0053
dsc_0057
あついコーヒーを飲めば目が覚めるかも・・・
とここまではよかったのですが、
コーヒーだけじゃすまされず、
サンドイッチも大きなケーキも食べてしまったサンタさん。
これはものがたりの中なので仕方ありませんが
よい大人はこんなことはしませんよね。(笑)
ありがちなミスではありますが・・・。
 
その後もちろん眠たくなって寝てしまいます。
 
dsc_0054
dsc_0056
dsc_0058
dsc_0059
それをみていたきつねが、
森中の動物を集めて、
なんとかクリスマスにプレゼントを
配り終えようと奮闘するところが
美しい絵とともに表現されています。
 
この絵本もトーンは落ち着いていて大人っぽい。
渋い色使いです。
 
キツネって絵本の中では悪者に描かれているときが多くないですか?
この絵本の中では素晴らしいリーダーシップで
的確に仕事をこなしていく優秀なキツネ。
そんなところもよかったです。
 
この3冊以外にもいくつかクリスマスの絵本を持っているのですが、
クリスマスの絵本って本当にたくさんあって面白い。
クリスマスって絵本の題材にもってこいですもんね。
 
こどもだけでなく大人も楽しみなクリスマス。
絵本の世界を通じてもまた楽しめたらなぁと思います。
 

↓これまでの記事はこちらから

大人も読みたくなる絵本

もっと知りたいこと・コメントがありましたら、
こちらまでどうぞ!

素敵なメルマガをどうぞ! totteoki03

当店の公式アカウントはこちら! instagram